2011年10月

意外だった「Throws SPAM Away」の反響

ちょっとうれしい記事を見つけたのでご紹介します。

現在インストール済みのプラグイン « Menuet.
Menuet

こちらの記事で「Throws SPAM Away」を褒めてくださっています。

こちらで回答を・・・
SereneBachというブログにも日本語を含まないコメントやトラックバックを弾くというプラグインがありましたが、キリル文字(ロシア文字)やギリシャ文字などには効果がありませんでした。

この Throws SPAM Away はその点はどうなのか気になるところ。

この件については、実際開発した際に「ロシア語」が入っていたんですね。
そこで、日本語文字列を正規表現でマッチングしカウントする方式にしております。

一番最初のバージョンでは確かに文字列のバイト数と文字数を比較して・・・同じ=英語(その他シングルバイト文字のみの言語)、違う=日本語(だろう・・・実際にはダブルバイト・トリプルバイト文字列を使うのは日本だけではなかったのですが)としていました。

1.1にて改良を加えております。

こうして使用してくださっている方が目に見えるとソフトウェア開発技術者としては嬉しいものです。

ソフトウェア開発技術者っていうのは

近年(と言ってもここ十年くらい)、ソフトウェアの勉強しようと思ったらパソコンさえあれば一部専用ツールを除いて後はほとんど無料で始められるご時世だ。


なのにも関わらず自分から新しい言語を習得しバリバリやってやろうという人は少ない。


ソフトウェア開発会社の面接に来て「勉強したいです」は禁句。

勉強させるために雇うんじゃないのにね。

WordPressプラグイン「Throws SPAM Away 1.4」リリース

ご好評いただいております WordPress プラグイン
Throws SPAM Away
本日2011/10/29、更新致しました。
本家サイトではまだ、更新されていない風ですが、SVNにコミット完了していますのでじきに現れるかな・・・と

今回の更新点は下記の通りです。

WordPressプラグイン「Throws SPAM Away」1.4 アップデート内容について

・設定画面にThrows SPAM Awayの日本語以外のみで記述されたコメントを通すかどうかのオン・オフをつけました。

・NGキーワードをカンマ区切りで複数設定し、日本語が十分含まれている場合でもNGキーワードに引っかかった場合は同様の挙動で無視することが出来るようにしました。

・NGキーワードにてひっかかった場合のエラーメッセージは別途設定出来るようにしました。

以上になるのですが
細かい点で、設定画面の文言を入力するテキストボックスのサイズが小さかったので広げました。
また、「日本語以外のみで記述されたコメントを通すかどうかのオン・オフ」って実際プラグインのオン・オフでいいのでは・・・と思われるかもしれません。ですが、今回「NGキーワードの設定」による無視も行うことが出来るようになったため、「全体的に他の言語でも構わない」方のための「NGキーワード」のみによる制御を可能とする必要があったための措置となります。
初めてご使用される方にもすでに使用されている方にもアップデート後に何かを変更する必要がないようにデフォルト設定を行なっておりますので安心してアップデートしてください。

今後ともよろしくお願いいたします。

会社のブログ「アイ・エス・シー実験室」にも同記事を掲載しております。
ホームページ制作 池袋

Throws SPAM Awayをご利用いただきありがとうございます!

私が開発したWordPressのプラグイン「Throws SPAM Away」が意外に広がりを見せてくれて嬉しい限りです。

ご利用いただいているブログをご紹介させてください!

か き の た ね 様
記事:SPAM << か き の た ね

164ちゃんねる
記事:WordPressのスパム対策プラグインについて

すくりや
記事:WordPressで英文スパム対策 in 2011

ご利用ありがとうございます!
感謝します!

HTMLを極めよう!

システム開発屋さんにもいろいろあって、汎用機系やらWeb系やら様々です。
Web系に特化すると(私自身は完全にWeb系)必須になるのがHTMLです。
ただ、なぜか開発者の中にはHTMLを舐めてる輩が多い。

なんでかな
HTMLをおろそかにするとJavaScriptが理解できないぞ。

そして忘れてほしくないのは、Web系プログラムの基本は
「ただただHTMLを出力すること」
だけだという事実。

なんだかんだ言っても最終的に表示はブラウザーに任せるわけだから…

それが体で理解できてないと痛い目を見るし、限界をわかってあげられないし、限界を超えてもあげられない。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ